ブログ更新9日★Twitter7/8分

【2011年07月08日(金)】Twitter抄録

【自分用メモ】 内田樹⇒RT @levinassien: 言葉を発する人が自分に課すべきルールNo1は「自分が言わなければ同じことを言う人が他にいないこと」を選択的に語るということです。「自分が言わなくても誰かが代わって言ってくれそうなこと」のために割く時間があるほど人生は長くありません。
posted at 00:48:41

自分用メモ RT @tsuda[津田大介]: 次は読売新聞ベルリン支局の三好範英さんのドイツ報道の評価。
posted at 01:55:02
●メモ RT @tsuda: [1]三好「ドイツの報道は偏っていて、センセーショナルなものが多い。ドイツが原発に敏感であること、ドイツの政治状況が反映されているのだと思う。次は日本に対する知識が欠けているために日本に対するステレオタイプが残っており、正しく状況が伝わらなかった」
posted at 01:56:24
●メモ RT @tsuda: [2]三好「ドイツの報道は偏っていて、センセーショナルなものが多い。ドイツが原発に敏感であること、ドイツの政治状況が反映されているのだと思う。次は日本に対する知識が欠けているために日本に対するステレオタイプが残っており、正しく状況が伝わらなかった」
posted at 01:57:36
●メモ RT @tsuda: [3]三好「そして、3つ目はドイツの報道は日本に対して敬意や思いやりに欠けていた。英米と比べてもそれは顕著だった」
posted at 01:59:02
●メモ RT @tsuda: [4]三好「センセーショナルな報道だったのは特にテレビ。福島第一原発周辺の子どもたちが大量被ばくしているといった報道もされた。チェルノブイリと福島は漏れた放射線量は異なっている。実際に漏れたチェルノブイリの5分の1から10分の1。徐々に1Fの管理にも成功…」
posted at 02:03:53
●[5]三好「BBCは冷静だった。チェルノブイリの原子炉爆発と福島の水素爆発を区別して報道していた。ドイツは両者がごっちゃにされて報道された。BBCのニュースは楽観主義的と言えるかもしれないがワーストだけのドイツと違い英米メディアはワーストケースシナリオとベストケースシナリオ両方を出す」
posted at 02:07:11

RT @tsuda: [6]沢村「新聞の役割とは何か。新聞とソーシャルメディアは対立するものではなく、相互が補完するもの。電気がないところはケータイもパソコンも使えない。そういう場所では新聞では大きな役割を果たした。言葉を持たない人たちの声に耳を傾けることが新聞の役割。そこに多大な手間とコストをかけている」
posted at 02:26:06

保存! RT @tsuda: おっとyositosiさん自ら。どうもです。 RT “@yositosi: 「tsudaさんによる「東日本大震災と新旧メディアの役割 ~日独における地震報道に関する比較の視座」実況」をトゥギャりました。 http://t.co/Rw0eWIb”
posted at 02:30:54

〇53歳だった。7月初めに脳梗塞でたおれ脳外科手術を受けた。7月になると思い出す。
posted at 03:39:14
〇脳梗塞で死にかけ、手術で命拾いして15年が経つ。
posted at 03:48:02
〇頭の手術の前も後も散歩をよくした。とくに術後二年間は歩くことを仕事のようにしたものだった。
posted at 03:53:34
〇まだ五十代前半だったから、ハードな散歩も日課にできたんだろう。
posted at 03:57:46
散歩のほか、書きものをずっと続けた。これも順調な予後につながったと思っている。
posted at 04:02:43

自分用メモ RT @nikkei_BP: 徹底検証「iPadはパソコンの代わりとして使えるのか?」 http://nkbp.jp/qmf8UU →引用「両手の指をホームポジションに置くような、いわゆるタッチタイピングができません。漢字変換の能力も今一つです」
posted at 10:53:05

近畿地方、梅雨明け宣言。例年より十日はやいらしい。
posted at 11:29:54

[PR]
by amanedo_g | 2011-07-09 23:45 | haymay 山口平明
<< ブログ更新10日★Twitte... ブログ更新8日★萎れた紫陽花[写真] >>