ブログ更新★松本国三×大江正彦「日書日描」展

f0040342_18102379.jpg
松本国三「無題」2004年、ペン/日めくり 大江正彦「無題」1991年、マーカー/新聞紙

松本国三×大江正彦 Kunizo Matsumoto Masahiko Ohe
日書日描
2011年8月23日(火)~8月28日(日)
午後2時~7時 (ただし最終日28日は、午前11時~午後6時)

 松本国三(1962年生れ)と大江正彦(1965年生れ)は、20代の頃より身の回りにある紙類に書く・描くことを毎日続けている。
 松本は壁の日めくりやカレンダー、メモ用紙にひたすら文字を書き連ね、大江は新聞紙を色や線で埋め尽くし、らくがき帳には動物や間取り図を執拗に描く。二人とも家族が寝静まった後、夜な夜な独り書き(描き)耽り、昼夜逆転することもしばしばである。
 松本の日めくりカレンダーからは、歌舞伎の演目・演歌歌手のCD・ジャニーズ・ディズニーのキャラクター・絶滅危惧にある動物などが読み取れる。繰り返し書かれるうちに文字は省略・分解・デフォルメされ、重なり合い、紙面のあちこちにうねりが生じる。
 一方、大江は新聞紙を茶の間からこっそり自室に持ち込む。不透明マーカーで、段組みを美しく色分けして見開き全紙を塗り込んだり、活字を一文字ずつボールペンによる線描でびっしり埋めつくしたりに没頭し、次第に記事は消滅してゆく。
 
 この20余年間、日々紡ぎだされてきた膨大な量の紙を前にしたとき、彼らはやはり、何かを担っているのではないかとおもう。ここから醸し出されている力強い造形性と一途で痛切なものは何なのだろう。日めくりや新聞紙といった、否応なく新しい一日の到来を告げる紙面に書き(描き)記す毎日のこの行為を何と呼べばいいのだろう。 日課でもなく、 勤行でもない。いくらか儀式めいてはいるがいたって平然と、情熱的に繰り広げられるのだ、今日も。
 
 松本は書き終えた日めくりを破ってゴミ箱へ、大江は新聞を洋服ダンスの引き出しへ突っこんでいたが、どちらも母親によって拾われ大切に保管されてきた。

-アトリエひこ 石崎史子
                                          
                            


松本国三文字集 同時刊行予定
インペリアルプレス刊
小出由紀子・都築響一編集

天音堂ギャラリー
〒550-0015
大阪市西区南堀江1-18-27-611 四ツ橋セントラルハイツ6階
tel 06-6543-0135 
http://amanedo.exblog.jp
地下鉄四ツ橋線「なんば」26C出口か
地下鉄千日前線「桜川」5号出口よりいずれも徒歩5分


アトリエひこ
〒547-0044
大阪市平野区平野本町4-3-20
tel/fax 06-6791-0121
atelierhiko@yahoo.co.jp







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大江正彦 masahiko ohe
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1965 大阪市に生まれる。 ダウン症と重い心臓疾患がみつかる
1971 6才の頃より絵を描きはじめる
1985 大阪教育大学教育学部附属養護学校高等部卒業
1991 画家故西垣籌一に出会い、京都府亀岡市の知的障害者の施設みずの{寮絵画教室に通い じめる
この頃より新聞紙に描くことをはじめる
1995 「アトリエひこ」の開設により、制作の場と仲間を得る
1998 彫刻家故山本恪二のアトリ{に通いはじめる
1993 第19回大阪日曜画家展 産経新聞社賞  大阪府立現代美術センター
1994 第20回大阪日曜画家展 知事賞  大阪府立現代美術センター
1996 第22回大阪日曜画家展 毎日新聞社賞  大阪府立現代美術センター–  
第43回日曜画家展 毎日美術賞  京都市美術館
1997 「魂の対話」展  東京都美術館  
「アジアの風」展  東京芸術劇場
1999 「このアートで元気になる エイブルアート’99」  東京都美術館
2001 「スーパーピュア2001」展  横浜市民ギャラリー他
2003 「DOWN TO ART ダウン症のアーチスト」展  すみだリバーサイドホールギャラリー 
2004 画集「ZOO-GRAPHIC」刊行   
個展「大江正彦 ZOO-GRAPHIC」展  大阪府立現代美術センター
2004 「ZOO-GRAPHIC刊行記念」展  colonbooks(名古屋)
2005 個展「大江正彦 動物絵」展  ギャラリーhorizont (京都)
2005 山本アトリエ彫刻展  京都府立芸術文化会館
2006 「アートキャンプ2006−素朴の大砲」展  浦添市美術館 (沖縄)
2007 山本アトリエ彫刻展  京都府立芸術文化会館
2009 個展「大江正彦動物絵展#2」   ギャラリーhorizont (京都)
2011 Exhibition#4 Museum of Everything (ロンドン) 

収蔵  Museum of Everything


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松本国三 kunizo matsumoto
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1962 大阪市に生まれる
1965 3才 祖父母に連れられ、初めて歌舞伎を観る。以後大ファンとなる
1980 大阪教育大学教育学部附属養護学校高等部卒業
1985 初めて香港へ。以後父親と香港、韓国、中国へよく旅行する
1985 この頃から文字を書くことが日課となる
1988 家業の中華料理店の仕事を手伝うようになる
1995 アトリエひこに参加Ç
2004 個展 松本国三「憑依文字」  小出由紀子事務所(東京)
2004 INTUIT SHOw (シカゴ)
2004 ECRITURE EN DELIRE Collection de l’ Art Brut(ローザンヌ
2005 Le chant de sirenes 〜l’ fautomatisme dansl’ artbrut  abcd la galerie(パリ)
2005 Passion and Action〜abcd,a collection of art brut  
「生の芸術、アール•ブリュット」展  ハウスオブシセイドウ(東京)
2006 Outsider art fair (ニューヨーク)
2006 ART BRUT GENO Y DELIRIO sala picasso (マドリッド)
2007 Outsider art fair (ニューヨーク)
2007 個展 松本国三「憑依文字」  小出由紀子事務所(東京)
2007 個展 galerie susanne zan(ケルン)
2007 WORD CAN’TfT DESCRIBE IT creative growth gallery (カリフォルニア)
2008 @Outsider art fair (ニューヨーク)
2008 アール•ブリュット〜パリabcdコレクションより 滋賀県立近代美術館
2008TEXTACY 小出由紀子事務所(東京)
2009 うつくしさの根っこ  ギャラリーヤマモト (栃木)
2009 ART BRUT aus JAPAN Kunst Hous Wien (ウィーン)
2010 Outsider art fair (ニューヨーク)
2010 イノセンス〜いのちに向き合うアート  栃木県立美術館
2010 nippon brut galerie gugging (オーストリア)
2010 Exhibition#1 useum of Everything (ロンドン)
2011 Exhibition#4 Museum of Everything (ロンドン)


収蔵 Collection del’ Art Brut
abcd,paris
Museum of Everything
[PR]
by amanedo_g | 2011-08-23 14:00 | show 展覧会情報
<< ブログ更新★Twitter0823 0822ブログ更新【PC故障か】 >>