日誌更新_なにわ筋、黄葉

f0040342_1864577.jpg
広島・白木町,20111202



【2011年12月17日(土)】

RT @hiramatsu_osaka: ようやくPCオン、ツイ開き。多くの皆さんの見送りを受けて、退庁しました。午後4時半だったのは光のルネサンスの開催中だからです。多くの市民の皆さんも駆けつけて下さったのに、一人一人のお顔を確かめる余裕もなく、こみ上げるものをこらえるつもりもままならず…。まぁ私らしいか(笑)

RT @molokyu: 震災直前に19歳になった人は悲劇だな. QT @uesugitakashi: 野田首相「子供たちの放射線による被曝量や健康に対する影響の把握には万全を期してまいります。すでに10月から、震災時に18歳以下であられた全ての福島県民を対象として、甲状腺検査を開始しているところです」

RT @zenkokucyousa: @yamamototaro0 子供の尿検査したお母さんたちから、「他の子供たちはどうなんだろう?それがわかるサイトがあるといいね」の声を形にしました。 福島の子供たちの検査結果も集結してパワーに変えたい。 http://t.co/GAcODKIY ~尿検査の結果から現状の実態~

RT @coma2619: 4sqにも情報を流しておいた。「‎12月17日、ヒミツ大学vol.4溺れたエビの検死報告書開催です。総帥の使用したレアグッズをオークションする事になりました」とのこと。ライブや樋口ヒロユキ氏とのトークやあれやこれや。14時から堀江にて。http://t.co/01sCGQ1g

今夜、風呂克服ならず。焼け跡闇市派みたいやぜ。

RT @isaoiisao: 「皆さん、事故当時を思い出してください!原発がここまで安定することを想像出来ましたか?」て、力説細野さん。申し訳ないけど、「安定した」なんて誰も思ってないからね。そして、喫煙や肥満に比べると発癌のリスクは低いとか、恥ずかしいからいい加減やめましょうよ(笑)

RT @s_h_u_k_u: 対談、古井由吉×又吉直樹。『蜩の声』収録「子供の行方」を踏まえる。災害の後にも圧倒的に続く「日常」というものについて。『蜩の声』について「全てが失われた後にも生活は繰り返されるという明晰さ」と書いたけど、それは「恐怖」でも「希望」でもないということを認識した。『新潮』1月号。

前に、「estrelaはエストレヤと読むみたい。スペイン語で、星のことらしい」とツイートしたが、間違いみたい。ネットで調べ直したら、ポルトガル語で、エストレーラと読み、意味は同じく「星」つうことだった。外国語は苦手だ。

RT @whitenight_moon: @hiramatsu_osaka 今までどうして誰もやってくれなかったんだろうと思ってた事(生活保護問題とか職員の不祥事の事とか)を、やってくださったのがとても嬉しかったです。もっといっぱいいっぱい平松市長の元で働きたかったです。今日のセレモニーも本当に行きたかったです。

自宅前、なにわ筋の銀杏の黄葉がすごい。

分離帯を含めて、四列の銀杏並木の道がなにわ筋。御堂筋のほうは戦前に植えられたが、こちらは戦後である。それでも五十年余は経っている。

ラジオ、短歌の時間。いつも楽しみに聴いている。ほかに俳句と川柳。毎週日曜日、午前十一時。

天袋に放置してあるドラムの小太鼓を捨てるべく引っ張り出した。あまねバンドのとき、母親が使ってたもの。天音を膝に乗せて演奏するから、スネアでやっていた。足も使って器用にやってたな。ドラマーはずっとスネイクと云うとった(笑)

【大阪堀江】最高気温がそろそろ一桁になりそうな年の暮れ。されど散歩は欠かせない。

RT @Don_Quixote_kyo: 【脱原発署名】現在約200万人分が集まった…鎌田慧さんは「速やかに危ない原発を停止させ、廃炉にするための署名活動。原発に賛成する政治家を落選させ、平和な社会にしましょう」… http://t.co/eqz6ldX2 RT @seriishikawa 「脱原発」求め1千万人署名開始

[PR]
by amanedo_g | 2011-12-17 23:59 | haymay 山口平明
<< 日誌更新_搬入完了 日誌更新_書く意欲 >>