ギャラリーはやさき 7月21日

f0040342_1940182.jpg
【Gallery HAYASAKI】
再来年あたりにパリで展覧会をと思ってるの、
ヒロミさんが教えてくれた、あの画廊で、と友人からメールがきた。
あの画廊とは、パリのサンポールにあるGallery HAYASAKIのこと。

私がHAYASAKIに行ったのは、日本人が経営している画廊として、
ちょっと気になったことと、一緒にパリへ来たかえこさんが、
パリの画廊を探していたから。
かえこさんと一緒に訪ねた時は、月曜日でお休み。
彼女が日本へ発った後、もう一度一人で訪ねてみた。
オーナーの早崎かよこさんが丁寧に対応してくださって、
画廊のパンフレットをもらったのだった。

Gallery HAYASAKIは、典型的なパリの古い石の建物をそのまま使った、
雰囲気のいい室内になっている。
パリへ来て40年という彼女は、画廊の横の陶芸教室のオーナーでもある。
貸し画廊なので、使用料は高い。
しかし、画廊としての経験は充分あるオーナーらしく、
招待状を配る先は、パリ市長から日本大使館、美術評論家など、
そうそうたる発送先がパンフレットに書いてある。

日本語が通じるという便利さはあるけれど、
日本語が全然通じないというドキドキ感はない。
そんなドキドキ感を望むのは私だけかも。
本当に彼女が実行するなら、大いに応援したいわ。
[PR]
by amanedo_g | 2012-07-21 19:39 | diary ヒロミ日記
<< いじめ 7月22日 だんご部屋 7月20日 >>