武井武雄 takeo takei

f0040342_20385844.jpg
【武井の豆本 miniature book】
先日、「 イルフの時間」というワークショップにちょっとだけ参加した。
イルフというのは、童画作家・武井武雄の造語で、
フルイの反対だから新しいということらしい。
私は武井武雄を知らなかった。
まったく童話という子どもの本に触れずに育ったから、
今も、残念ながら童話は苦手だ。
武井武雄は絵も文の、そして製本までひとりでやってしまう人だったらしい。
その武井の本が大好きで、研究者にまでなってしまったおかもとりよさんが、
収集した本を持ってきて、お話を読んだりされるイベントだった。
f0040342_20553653.jpg
【文字も武井の作品 takei's letter】
並べられた数十冊の本は、触ってもいいし、読んでもいいという自由さ。
どの本も製本が美しく、絵も文字も個性的、思わず引き込まれた。
f0040342_2135710.jpg
【楽しい絵 unique picture】
ワークッショップの途中で抜けなければいけなかったのが、
返す返すも残念だった。
子どもの頃に武井のこの本たちに出会っていたら,
大人になっても、もっと本のそばで生きたかもしれないと思った。
[PR]
by amanedo_g | 2013-01-17 20:39 | diary ヒロミ日記
<< 武井武雄の世界 takei w... 湯河原 yagawara >>