ドライフルーツ dried fruit

f0040342_20365750.jpg
【ドライクランベリーとドライ白無花果 dried cranberry and dried fig】
93歳になる母が去年の12月中頃に入院した。
もうダメかと本気で心配したが、すぐに危ないということではなく、
何とか無事だった。
肺炎になりかけていたらしいけれど、手当が早くて、
正月には退院して家で過ごせてほっとした。
93歳ともなると、いつ、どうなってもおかしくない。

入院が長引くようなら、次の見舞いにはドライフルーツだと決めていた。
というのは、何年か前の入院のとき、
何回も入院しているのでいつの入院か忘れたけれど、
そのとき、美味しいドライフルーツを持ってきてと頼まれたことがあった。
あちこち捜したけれど、うまく見つけられなくて、
そのときは、レーズンだけしか持って行けなかった。
デパートのフルーツ売り場には、まあ、なんといろいろなドライフルーツが。
試しにクランベリーと無花果を購入。
母にはちょっと固いかもしれないけれど、無花果が美味。
これで、いつ次の入院があっても、見舞いの準備は大丈夫。
[PR]
by amanedo_g | 2013-02-16 20:37 | diary ヒロミ日記
<< 吸い取り紙 blotting ... 町にもこんな楽しみ such ... >>