蔵書票作家 artist of exlibris

f0040342_2049241.jpg
【林由紀子の作品】
yartギャラリーで、アルフォンス・井上という素敵な男性に会った。
有名な銅版画家で、蔵書票作家でもあるとか。
私は、彼のことをこれまでまったく存じ上げてなかったけれど、
親しくお話をさせてもらって、いろいろ参考になることがあった。
特に蔵書票について、yart ギャラリーのオーナーの樋口さんを交えての話が、とても面白く楽しかった。
井上さんの蔵書票は、大変な人気で、
注文してから3年待っても手に入らないほどらしい。
蔵書票画集をぜひ手に入れたい。
f0040342_2162253.jpg
【林由紀子の作品】
話の中で、今、伊勢丹6階のアート解放区で
蔵書票作家で有名な、林由紀子の展覧会をやっていると聞いて、
さっそく行ってみた。
繊細な鉛筆画やエングレービングの作品が並んでいた。
日本人の絵とは思えないほど、西洋の匂いのする作品。
まあ、しかし、蔵書票そのものが西洋から始まったものだもの。
[PR]
by amanedo_g | 2013-02-20 20:49 | diary ヒロミ日記
<< 日射しを求めて look fo... 五木玲子の線 line of ... >>