[17日]パリ展DMは「midnight」

f0040342_1838715.jpg
▲【山口ヒロミ銅版画展】の会場風景。手前の作品は9月のパリ展9/14~23における案内状/DMに使われた「midnight」です(2005年制作)。
2007年8月17日(金)~21日(火)
午後3~7時オープン ※最終日~午後6時まで
=8月の特別企画展=
【杉尾尚子 イラスト原画展】
2007年8月24日(金)~28日(火)
正午~6時(最終日~5時まで)
☆作家在廊日=8/24・25・27・28
(DM記載分とは一部変更になっています)
作家の友人、歌手・趙博さんも来廊予定。




f0040342_2044027.jpg
◆平明の堂守日記◆2007・8・17

わが天音堂ギャラリーのオウナーにして僕の妻である山口ヒロミは、不思議の娘・天音と暮したおかげかひょんなことから銅版画家とあいなった。

またまたひょんなことからパリで展覧会を開く次第ともなった。個展開催が決まったのは、2005年12月に夫婦でパリへ遊びに行ったとき。このへんの顛末は、たしか本人がどっかに書いた。

別にパリの画廊から招待されて行くわけではない。国内の遠隔地の画廊で開くのとさして事情は変わらない。旅費も食費も自分もちだし、まあホテルじゃないが仏人画家の空き部屋に泊めてもらえるのが特典といえばいえるかも。

でもでもである、還暦を越えた女性がパリで個展を開こうという企図は、実に実に大した膂力(りょりょく)である。傍で愚生はあれよあれよと見てるだけ。まさに【不思議の天音】の霊験あらたかと言うべきか。

天音母・ヒロミは、新作も何点か描いた。作品リストもパソコン相手に作成した。足らない作品はあらためてプレスした。その間にも画廊のオーナーと英文メールを何度もやりとりした。
そこへだ。《ヒロミさんがパリで展覧会をするのならちょうどいいわ私もこの際思いきってパリへ遊びに行こうっと》

なあ~んて女性が、小グループを関東に四組、関西で一組(夫婦)も結成してしまった。この人たちとのやりとりも(日本語で)なんとかこなした。

そお~して、本日パリへ送る作品を荷物にまとめたのであ~る[写真]。偉いッ、と身内ながら思うよ、ほんま。

無気力なるわたくしめは留守を守るべく渡仏しない。神戸の画廊女主人のTKがただひとり画家ヒロミと同行する。彼女は病身なればヒロミの世話をというわけにはいかないだろう。写真記録係の小生が行かないので、せいぜい撮影ぐらいは頼もうと思っている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★【山口ヒロミParis個展】ご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〇2007年9月14日~23日、期間中無休
〇午後3時~8時
〇オープニングパーティーは9月14日(金)午後6時から
〇「版画と民衆芸術の協会」(平明誤訳)
〇フランス、パリ市、20区、カスカド通、49番地
〇パリ[地下鉄]メトロ11号線、「ジューダン駅」ないし一つ手前「ピレネー駅」
〇電話 01 43 49 19 80
f0040342_20444741.jpg

[PR]
by amanedo_g | 2007-08-17 20:50 | memory平常展示
<< [18日] ヒロミ新作銅版画「... [16日] ヒロミ平常展に新作5点 >>