★29日★「梅田恭子展」本日終了、ご来廊に感謝

f0040342_0232484.jpg
f0040342_0235747.jpg
f0040342_0244293.jpg
f0040342_0252266.jpg
f0040342_0282011.jpg

=次回展=
【山口ヒロミ銅版画展】平常展示
2007年10月5日(金)~10月16日(火)
午後3~7時open
※水・木・日お休み[10/8祝日は開きます]
〇期間中、作家によるパリ展トークあります。
日時は未定、お問い合わせください。

----------

=次々回展=
【ミズタニカエコ展】ペン画
2007年10月19日(金)~10月30日(火)
10/24(水)・25(木)定休
午後2時~7時 [ ※最終日~午後6時 ]





◆平明の堂守日記◆2007・9・29

梅田恭子展は最終日をむかえた。きょうほど眠い日はなかった。からだがだるく、いつもなら画廊内ではめったに座らないのに、きょうばかりはしきりに椅子に座りたがった。

一か月、ギャラリーをひとりで開きつづけてきた疲れがどっと出たのであろう。定休日も後半はずっとお客を迎えたうえに、毎日毎日、店を閉めてからブログをやっつけるのだから、疲れがたまるのは無理もない。まあ飲酒のせいだという説もあるんだが。

眠気ぐらいですんだから、ここんところかなり元気になったという証左である。そのことが嬉しい最終日でもある。

絵を介して作家とともにギャラリーにいたのだと痛切に思う。夜遅く「さあ終り」と照明を消したら、「わたしもいたよ」と祭壇のほうから天音が言っている。うんうん、わかってるよ。

おもうに一心不乱な梅田恭子にひっぱってもらったことも、ギャラリーの日々をつむいでいけた情熱の源泉である。

明後日十月一日、オウナーこと山口ヒロミがベルリンから帰ってくる。お互いハレ(非日常)からケ(日常)にもどる。このこともまた嬉しい。きょうは空調(エヤコン)も冷房はつけず除湿運転にした。秋来ぬと目にはさやかに、である。
f0040342_0352739.jpg
f0040342_036388.jpg
f0040342_0365437.jpg
f0040342_0383196.jpg
▲詩画集『雨溜マリニ映ルノハ、』銅版画7葉より、2002年。
[PR]
by amanedo_g | 2007-09-29 00:04 | show 展覧会情報
<< ★30日★銅版画のツブツブは種... ★28日★「梅田恭子展」最終日... >>