<   2006年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

山口ヒロミの鉛筆画

f0040342_18565739.jpg

●山口ヒロミ「飛ぶ予感」 鉛筆、紙、243×192㎜

f0040342_2028245.jpg

●「私の重さ」 鉛筆、紙、243×192㎜
[PR]
by amanedo_g | 2006-01-31 20:37 | Hiromi Yamaguchi

お気に入りの作品2点

f0040342_20415257.jpg

山口ヒロミ銅版画作品。タイトルは、左が「天翔ける」、右が「余情」。
ギャラリーの一角にある床の間みたいに一段上がったコーナーに展示。
画家自身がお気に入り。しばらくこの線で制作していきたいとのこと。
[PR]
by amanedo_g | 2006-01-30 21:04 | Hiromi Yamaguchi

つちびと作家・山本可南の共振

今展に賛助出品してくれた山本可南さんは、陶人形の作家である。
○山本可南サイトにおける今展の紹介頁
news.jpg
f0040342_18231757.jpg


父子像父の顔アップを見る
[PR]
by amanedo_g | 2006-01-29 18:37 | archive 画廊風景

のびるハナの下

f0040342_2051878.jpg
花壇といおうか、和室でいえば床の間みたいに設えた場所に、
チューリップがいけてある。茎がのびて花が垂れているので、
見えないように椅子に隠して撮影。いわゆる花の下が長いという奴です。
堂守Gとおんなじやてか。明日あたりちょっと切ってやりましょう。
[PR]
by amanedo_g | 2006-01-28 20:50 | memory平常展示

迷宮かい、天音堂

f0040342_15493427.jpg
▲【天音堂ギャラリーがある11階建てビルの一階玄関】

天音堂ギャラリー amanedo(アマネドウです、テンオンドウではありません)

〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江1-18-27-611
四ツ橋セントラルハイツ6階
=オレンジストリート(立花通)の一本南の道路(ミッテラ筋)に面しています=

tel・・・06-6543-0135
mobile・・・090-6597-6515
E-mail・・・amanedo@yahoo.co.jp

○地下鉄/四つ橋線【なんば】地下街なんばウォーク出口[26-C]北西徒歩5分
○地下鉄/千日前線【桜川】[5]北東徒歩4分 ※駅ホームから地上までエレベーター有
●新幹線「新大阪」下車の場合、地下鉄/御堂筋線「新大阪」から
「なんば」で千日前線に乗換、1駅目【桜川】上記に同じ。

○地下鉄/四つ橋線【四ツ橋】[6]南西徒歩6分
○JR【難波】および近鉄【難波】[26-C]上記に同じ

◆東西に通る前面道路(幅員15米)には、歩道とコインパーキング。
ビルの正面はかなり横長で、玄関は向って左端(東)にあります。
向って右端(西)にはファミリーマート。ファミマはあくまで目印です。

◆玄関を入るとまっすぐ進み、左奥のエレベーターで6階に上がります。
降りるとすぐに分かります、ようこそようこそ。

魅力のファミマを確かめる
[PR]
by amanedo_g | 2006-01-27 15:48

うちから見下ろした夜景

【ライブ画像】
f0040342_2138481.jpg

天音堂ギャラリー(6階)から前面道路を見下ろした夜景。
今さっき撮ったところ、1月26日午後9時40分。
正面のイルミネーションはオープンエアのカフェ。冬はどうもね。
[PR]
by amanedo_g | 2006-01-26 21:49

メモリアルルーム(祈念室)の象徴

f0040342_2303865.jpg
【天音堂の一隅に置かれた天音ちゃんの祭壇】

創立の趣意書を読む
[PR]
by amanedo_g | 2006-01-25 22:57

曲がり角の鳥居

f0040342_1951202.jpg

▲行宮(難波神社のお旅所)
天音堂ギャラリーへ最も近い駅は、地下鉄・千日前線「桜川」。
[5]出口を左へ少し行くとなにわ筋、ここを左へ曲がる。この角
には石川歯科、まっすぐなにわ筋を北上、西道頓堀橋を渡り、
一つめの信号のある交差点を右へ曲がる、南東角にある鳥居
が難波神社の御旅所である。
f0040342_20152478.jpg

▲縁起の説明板
[PR]
by amanedo_g | 2006-01-24 20:23

まあこんな感じということで

f0040342_20421078.jpg

画廊内の入口から見て左(西側)の壁に並ぶ山口ヒロミのカラー銅版画。
スポットライトだけで撮ると画面が暗くなってしまった。
ウェブ上での画像は、あくまでこんな感じという程度のものでしかない。

絵の前の女人を見る
[PR]
by amanedo_g | 2006-01-23 21:06 | memory平常展示

林立85

【「あまね通信」1988-2000】
f0040342_208322.jpg

天音が7歳になる1988年2月「あまね通信」創刊、2000年7月まで12年間、
85号まで発信しつづけた。彼女は同年10月に亡くなった。
A5判で当初わずか4頁だったのが終りごろには32頁にもなった。
文章原稿は二人それぞれに書き、版下制作はすべてヒロミが担い、
手書きで文字と絵を書いた。後の絵描きへの道はここから始まった。

クローズアップを見る
[PR]
by amanedo_g | 2006-01-22 20:36 | memory平常展示