<   2006年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

空っぽの画廊壁面

f0040342_2152070.jpg
今会期最終日、閉店後に山口ヒロミ(オーナー兼銅版画家)がやってきて、明日出かける他店への搬入に備えて、作品のほとんどを壁から外してしまいました。寂しいものですねえ。画廊空間にも、こんな空隙みたいなひとときがあるのです。明日には可南作品も搬出されます。つちびとと天音のあいだでも、夜もすがら別れを惜しむ語らいがかわされることでしょう。
[PR]
by amanedo_g | 2006-02-28 22:12 | memory平常展示

人は幸せになるために生まれてくるのよ

f0040342_22441086.jpg
山本可南つちびと(陶人形)作品「娘へ」、70,000。明日2月28日いよいよ最終日。午後3~7時開館。
●山口ヒロミの銅版画平常展はひきつづき、【金~火、3~7pm】5日間開催、水&木/定休、アポ不要。またも見逃した皆さま、再々見の常連さまもお越しやす。

ちょっと引いて眺める
[PR]
by amanedo_g | 2006-02-27 23:02 | archive 画廊風景

最新作品ですね

f0040342_2159741.jpg
山口ヒロミ銅版画作品「dawn」、ed.20、エッチング・アクアチント、196×65㎜、30,000、2005年。
[PR]
by amanedo_g | 2006-02-26 21:51 | Hiromi Yamaguchi

赤毛がやわらかくうねってました

f0040342_2144498.jpg
山口ヒロミ銅版画作品「ふりむかないで」、ed.20、235×145㎜、28,000、2004年。
[PR]
by amanedo_g | 2006-02-25 21:43 | Hiromi Yamaguchi

初見、黒いアマネに驚く

f0040342_21304091.jpg
山口ヒロミ銅版画作品「明日への思い」、ed.20、235×145㎜、28,000、2004年。
[PR]
by amanedo_g | 2006-02-24 21:29 | Hiromi Yamaguchi

正面からライト写りこまずに撮影

f0040342_2116467.jpg
山口ヒロミ銅版画作品「あのころ/母と」三点突きつけ、ed.10、110×415㎜、35000、2002年。(画像内でクリックすると拡大して見えます)
[PR]
by amanedo_g | 2006-02-23 21:15 | Hiromi Yamaguchi

ガラスを外してもっと間近で見たいね

f0040342_2102991.jpg
山口ヒロミ銅版画作品「あのころ/父と」、三点突きつけ、ed.10、110×415㎜、35000、2002年。
[PR]
by amanedo_g | 2006-02-22 20:58 | Hiromi Yamaguchi

天音のお友だち

f0040342_2118924.jpg
娘・天音と小学校でずっと一緒だった和江ちゃん、24歳。小学校のときのことが載っている本『寝たきり少女の喘鳴(こえ)が聞こえる』を買ってくれました。わが家に遊びに来ていた5人グループの一人。左下のヒロミさんの銅版画「親しい人たち」を気に入ってくれました。

「親しい人たち」に寄って見る
[PR]
by amanedo_g | 2006-02-21 21:42 | memory平常展示

天音の「抱っこヘルパー」幹さん

f0040342_22363438.jpg
天音「堂」の堂守ことわたくし平明が1997年に脳梗塞で倒れ、脳外科手術を受けたあと、夫婦二人だけでは娘・天音の介護をできなくなりました。
そこで、民間の介護人派遣会社にヘルパー派遣を依頼、1998年秋ごろ、ヘルパーとして天音を抱っこに来てくれたのが、西村幹さん[写真]です。天音が亡くなるまで2年近くわが家に来てくれました。母とも父ともちがうお姉さんに抱っこされるのは、娘にとってきついことだったと思います。
生涯にわたって抱っこしつづけたお蔭か、背骨は大きく湾曲していましたが一度も骨折はなく、呼吸不全が常態でしたのに、喉(気管)がつまらずにすんだようです。大人しくしてくれれば寝かせきりにしていたでしょう。そうすると気管はへしゃげてつまりやすくなったでしょうし、呼吸困難ももっともっとひどかっただろうと思います。
天音という人は、自分で訴えて(脅して)親に抱っこさせ、自分のイノチは自分で守ったのでした。あの人に乾杯です。あの人のことを妻と語らっていると、無性に在り難く嬉しくなるのです。すごいイノチに出逢ったものだと思います。
宮崎の芋焼酎「黒帥」をいただいてますよ、マリコちゃん。酔ってきました。今夜はこのへんで。
[PR]
by amanedo_g | 2006-02-20 23:12

春の香りほのかに

f0040342_2135034.jpg
読売新聞2/16の記事を読んで、天音堂ギャラリーに来られたお客さんがお花をくださいました。両脇に見えているのは山本可南作品です。
[PR]
by amanedo_g | 2006-02-19 22:05 | archive 画廊風景