<   2013年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

長崎への旅 (1) trip to Nagasaki

f0040342_20514323.jpg
【田平平戸口駅 Tabirahiradokuti station】
27日から3泊4日の長崎への旅をした。
二人で旅をするのは、本当に久しぶり。
いつも、私ひとりでの仕事がらみの旅が多かったが、
今回は、全くの観光旅行。
新幹線で博多、それからJRで佐世保、
それから松浦(まつら)鉄道で田平(たびら)平戸口へ。
約7時間の鉄道の旅、座ってばかりだから楽かと思いきや、
平戸口に着いたら、右膝が痛くて歩くのにも難儀。
その上、夫婦で旅をするめずらしさに天気も驚いたのか、
今日から梅雨入り宣言が出て、雨が降り始めた。
田平平戸口へは、ホテルの送迎バスが来てくれて、
海を渡って南蛮文化の残る小さな島、平戸へついた。
f0040342_2155022.jpg
【平戸城 Hirado castle】
平戸島のどこからも、高台にある平戸城が見える。
足慣らしをかねて、小雨に濡れながらちょっと散歩。
f0040342_2124112.jpg
【dog looking at us】
ヨタヨタ歩く見知らぬ二人連れを、階段の上から犬が眺めていた。
[PR]
by amanedo_g | 2013-05-31 20:52 | diary ヒロミ日記

阪急百貨店ショーウインドー

f0040342_15361762.jpg
【荒物雑貨展示】
テレビを見ていたら、便利な雑貨の紹介があった。
例えば、ひとつで間に合う計量アップ、水滴がすぐに乾くマット、
便利な洗濯バサミ、などなどの20数個の紹介だった。
主婦の発案でできたものだろうなあと思わせるもので、
あったらちょっとは便利かもと思ったけれど。
しかし、どれも材料はプラスッチックなどの工業製品で、
色は、赤や黄や青などけばけばしいもの。
そんなとき、昨日阪急デパートのショーウインドーに飾ってあった竹箒を思い出した。
タイトルは「日本の名品 荒物雑貨のある暮らし」。
プロのデザイナーが飾ったのだろうけれど、美しくて、
私は思わず足を止めて写真に撮った。
下に並んでいるものも、確かに昔の我が家にあったものばかり。
今は、ショーウインドウーに並べられるほどの貴重品になってしまった、
とちょっと感傷的になった。
[PR]
by amanedo_g | 2013-05-26 15:36 | diary ヒロミ日記

画廊ぶらんしゅ gallery Blanche

f0040342_191012.jpg
【神野立生銅版画展】
夏を思わせる強い日差しの中、思い切って神野先生の展覧会へ行った。
画廊「ぶらんしゅ」は、初めて行く場所。
阪急石橋駅を降りたら、とても庶民的な市場を抜けて歩くこと3分。
「ぶらんしゅ」は普通の住宅のような素敵なたたずまいの画廊だった。
f0040342_195534.jpg
【エントランスentrance】
DMをよく見ると、神野先生は2時から在廊と書いてあるのに、
まったく気づかないで12時に行ってしまって、先生には会えなかった。
誰もいない画廊で、ゆっくり作品を見るのは至福の時間だ。
f0040342_19115427.jpg
【ゆったりとした空間 expansive space】
若い女性が入ってきて、すばらしいですねと私に声をかけた。
ほんとにね、と返事したら、自分のことのようにちょっと嬉しかったなあ。
[PR]
by amanedo_g | 2013-05-25 19:01 | diary ヒロミ日記

神野立生銅版画展

f0040342_21463241.jpg
【Traces of nothingness】
神野先生の展覧会が5月22日から始まっている。
場所は、池田市にある画廊「ぶらんしゅ」(ボームページが見つからない)。
行こうと思いながらまだ行けずにいる。
神野先生には、いつもお世話になっていて、
先日はシンガポールから私の作品を持ち帰ってもらって、大変恐縮した。
去年、シンガポールへ行った折、Sogan & Artのオーナーが、
私の作品を預かりたいというので15点そこに置いて来た。
アートフェスティバルに出展した後、残ったその作品を、
神野先生がその画廊を訪ねたときに、オーナーが好都合とばかりに預けたのだ。
海外旅行では、荷物が多いのは大変困ることをよく知っているので、
本当に申し訳なくて。
神野先生は、本当に本当に、面倒見のいい人で、
厚かましくいつも世話になっている。
展覧会のときには、ぜひ伺わなくては.
[PR]
by amanedo_g | 2013-05-23 21:46 | diary ヒロミ日記

誕生日 birthday

f0040342_22132198.jpg
【アワビのにぎり sushi put abalone】
happy birthdayと何人かの友人からメールをいただいた。
嬉しいような、恥ずかしいような。
今日は私のウン十回目の誕生日だ。
こんな五月晴れのいい天気の時に、母は私を生んだんだなあ。
美味しいものをごちそうするよ、って平明がいうので、お寿司と答えた。
我が家の近くに魚のうまい店があって、私は大好き。
ここはちょっと高いので、普段はなかなか行けないけれど、
今日は特別と奮発してのれんをくぐった。
f0040342_22265112.jpg
【手羽先の唐揚げ】
お寿司だけでなく、ここは本当に何でも美味しい。
誕生日でなくても、たまには来たいねといいながら、
動けないほど食べた。
元気で、美味しいものを食べて、本当にいい誕生日だった。
[PR]
by amanedo_g | 2013-05-22 22:14 | diary ヒロミ日記

9月の展覧会に向けて for the exhibition in september

f0040342_22573671.jpg
【道頓堀川サイドのカフェ the cafe in side of Dotonbori river】
毎日、散歩して、本読んで、テレビ見て、のんびり過ごしているけれど、
9月に予定している展覧会に新作を、と思うとそろそろお尻の辺りがモゾモゾ。
6月はキッチンとトイレのリフォームを考えているから、
多分バタバタして仕事にならないだろう。
そう思うと、あまり時間がない。
銅版画は制作に時間がかかり、
1ヶ月に1点か2点を作れるかどうかだからなあ。
頭の片隅で、どんな絵を描こうかという思いがチラチラしているけれど、
絵を描くって、ルンルン楽しいだけではなく、やっぱり苦しい。
でも、嫌いかというとそうでもないので、続けていたいと思っている。
今日は銅板を取り出して眺めたり、撫でたり、さすったりして、
我が家の1室のアトリエに籠った。
もちろん散歩はなし。
[PR]
by amanedo_g | 2013-05-21 22:57 | diary ヒロミ日記

読書 reading

f0040342_20131633.jpg
【借り出し中 at borrowing】
歩いて10分ぐらいのところに中央図書館がある。
最近はまめに、図書館に行って借りて読むことが多い。
最近は、宮部みゆきと藤沢周平の2冊セットを借りるのが癖になった。
どちらも人気作家で、作品の数も多いから、必ず借りられるし、
どの作品を借りてもおもしろい。
あまり難しい本は読む気力も体力もなくなって、
エンターテイメントの面白い本がいいなあと思う。

藤原周平の全集には必ず月報というおまけが付いていて、
この月報がいつもおもしろい。
著名な文学者や評論家などが、藤沢周平の文学への思いを、
短い文章で書いている。
18号の月報には、中野孝次の「なつかしや、海坂藩」という題の文章で、
「蝉しぐれ」が一番好きと書いてあった。
4度も読んだらしい。
私も大好きな作品で、もう3回は読んだけれど、
早速4度目を読もうと思う。
[PR]
by amanedo_g | 2013-05-20 20:13 | diary ヒロミ日記

ベランダ菜園 vegetable garden in porch

f0040342_22324912.jpg
【我が家の菜園】
これまで、ほとんどベランダ菜園などにはまったく興味がなくて、
その面白さはわからなかった。
ところが、もう何年も前に小さな苗木で購入したkapokが、
放ったらかしにも関わらず、どんどん大きくなってきている。
こんな町中の日当り悪いベランダなのにと思うと、
なんだか可愛くなって、ちょっと世話などを始めた。
先日気まぐれに、カボチャの種を植木鉢の土に埋めていたら、
芽が出て来たのだ。
f0040342_22414215.jpg
【カボチャの苗木】
まさかカボチャが出来たりはしないだろうが、苗だけでも見ていると嬉しくなる。
それでは、アボガドの種も植えたら芽が出るだろうか。
今日は、スーパーでキュウリとトマトの苗を見つけて購入。
ちょっとワクワクする。
[PR]
by amanedo_g | 2013-05-18 22:32 | diary ヒロミ日記

リフォーム reforme

f0040342_22154966.jpg
【システムキッチン】
何回か梅田のシステムキッチンショールームへ見学に行っている。
それは、我が家のキッチンを何とかしなければと思ってのこと。
このマンションも、住み始めて30数年が経ってきて、
住人とおなじく、どんどんと老いて来た。
マンションの外の壁面などは、マンションの組合が、
大規模改修を何度かしているので、まあまあそれほど酷くはない。
しかし、部屋の内部はあちこち問題が起きている。
恐いのは水回りだ。
我が家も以前に、上の部屋の不注意で水漏れがあって、
大変な目にあった。
トイレ、洗面所、お風呂、そして、キッチンは特に気をつけなければと思う。
洗面所とお風呂は、ちょっと前に入れ替えたので。
今度はトイレとキッチン。
お金がかかる。
生きるって本当にお金がかかる。
[PR]
by amanedo_g | 2013-05-17 22:15 | diary ヒロミ日記

ブルガリアへ to Bulgaria

f0040342_23225059.jpg
【title• grass】
エロチック蔵書票のコンペ締め切りが、5月末。
今日は、友人のkaeちゃんと会って、コンペに向けての打ち合わせをした。
私はブルガリアへ送る作品の準備をして、それを彼女に託した。
kaeちゃんは, 私の作品と自分の作品を一緒に送ってくれることになっている。
今日の打ち合わせの飲み会は、前祝い(?)か激励会みたいなもの。
ところが私は、お腹を壊していて美味しいものが食べられない。
焼酎のお湯割りに梅干しを入れて、お腹をいたわりながらの飲み会。
昨年、フィンランドのコンペで思いもかけず私の作品が入賞。
kaeちゃんはそのことを、凄いことですよと何度も言ってくれて、
私はたった2杯の梅入りお湯割り焼酎で、気分よく酔ってしまった。
今度はkae ちゃんが入賞する番だよ。
[PR]
by amanedo_g | 2013-05-16 23:21 | diary ヒロミ日記