小林くみこ銅版画展 3月27日

f0040342_21372976.jpg
【くみこさんと作品】
小林くみこ銅版画展を夙川のギャラリーSHIMAへ見に行った。
まだ風はちょっと冷たかったけれど、明るい日射しはまさに春。
最寄り駅はJRさくら夙川、あと数日もすればさぞかし桜並木が美しいだろう。

くみこさんは、中学の美術教師、銅版画家、ぎゃらりぃ手風琴のオーナー、
そして、高校生の子どものお母さん。
一体何役をこなしながら制作をされているのかと、驚くばかり。
身体の奥では疲れも感じられることはあるのだろうけれど、
お会いするときはいつも、少女のように可愛くて、
こちらまで若返ってしまう。

そんな少女のような彼女が作る作品は、大きくて真っ黒なメゾチント。
メゾチントの作業の大変さを思うと、
彼女は人知れず、髪を振り乱して制作をしているときがあるのだろう。、
そのギャップが、アーチストとしての資質なんだなあと思った。
[PR]
by amanedo_g | 2012-03-27 21:54 | diary ヒロミ日記
<< 早春の道頓堀川辺 3月28日 いちばぎゃらりぃ侑香 >>