Poskad展報告8 9月21日

f0040342_17395084.jpg
【STPI 】
今日の夜には、帰りの飛行機に乗るという日(9月10日)、
栄太郎さんが仕事をしている、Singapore Tyler Print Instituteにお邪魔した。
避暑地のホテルかと思うような建物。
ここは、2002年にシンガポール政府のサポートで設立された、
版画工房(簡単に言えば)で、世界の著名なアーティストが、
新しい作品を制作し、ここの画廊で販売している。
栄太郎さんやTamaeさんは、仲間の人たちとその手助けをして、
世界初という現代アートを生み出している。
f0040342_17534442.jpg
【STPIの作業場】
版画工房といっても、そこは工場のような広さで、
体育室のような作業場がいくつもあり、大きなプリンターが置いてあったり、
版画の紙作りができるプールがあって、ただただ驚いて見学した。
f0040342_1871473.jpg
【束芋の作品】
事務所にあの著名な束芋の作品が飾ってあった。
作品の繊細さだけではなく、薄いガンピ紙に刷った作品を、
糸のような細いひもで、四方八方から引っ張って額枠に取り付ける繊細な方法。
こんな難しい作業を要求するなんて、と驚いていると、
確かにこれはこれまでで、一番大変な作業といえますが、
でも、アーティストは我がままを言っていいんですよ、と栄太郎さん。
アーティストは頭の中で、こんなものを創りたいと思ったら、
それを、ここのメンバーが手助けをして制作するのだという。
ひとりコツコツと作品を作っている私には、
憧れるというより、恐ろしいような現場だった。
[PR]
by amanedo_g | 2012-09-21 17:57 | diary ヒロミ日記
<< Poskad展報告9 9月22日 Poskad展報告7  9月20日 >>