わたしのマニエル・ノワール

f0040342_18151965.jpg
山口ヒロミ「眼指し」、メゾチント・ドライポイント、紙、ed.20、297×130ミリ、2006年、シート20000円、額付き26000円。
長谷川潔で有名なマニエル・ノワール(仏、黒の技法)を使い、諧調の黒(noir)にからむ赤(rouge)の侵犯が妖しい系列の作品です。他に「天翔る」、「余情」などがあります。ガラス(アクリル)をはずして絵肌をじかに見ていただきたい作品です。
※マニエル・ノワールについては上の赤字下線部分をクリックしてみてください。三重県立美術館友の会サイトの用語解説が読めます。



f0040342_191724100.jpg

[PR]
by amanedo_g | 2006-09-22 19:16 | Hiromi Yamaguchi
<< きぎ工房・片桐武夫ゆとりのレポート 低い位置から見るということ >>