「天音本」5冊

f0040342_17362117.jpg
f0040342_17364167.jpg
▲祭壇の書棚(写真上)、天音堂ギャラリーの一隅に安置された本棚転用の亡き娘・天音をまつった祭壇(写真下)には、天音の両親、ヒロミと平明が上梓した「天音本」が5冊並んでいます。[※] 5冊の内容説明は、下記の「日記を読む」でご覧ください。





*******************************************************
★その1=山口平明著
娘天音 妻ヒロミ-思い障害をもつこどもと父の在り方-
ジャパンマシニスト刊・1997年11月・1680円
*******************************************************
 天音誕生から小学校入学までの父の記録。月刊ミニコミ「草
の根通信」に「星降る夜の雨の音」の題で連載、同誌発行人・
松下竜一さんの序文収載。《死にたくないのに死にかけた僕、
死にたがるけど立ち直りも早い妻・ヒロミ、仮死状態から「叫
び」の人としてこの世に生還してきた娘・天音、かくのごとき
トリオでどのように十数年もイノチを保ち生きのびてきたか、
まさにサスペンスドラマなのよ》と、あとがきに。表紙と中扉
の銅版画はヒロミ作。


*******************************************************
★その2=山口ヒロミ著(絵も)
寝たきり少女の喘鳴koe が聞こえる
自然食通信社刊・1995年6月・2310円
*******************************************************
 超重度の障害児・天音の強靭な生への意思に鍛えられ導かれ
て、「今日一日」を生ききる楽天性を取り戻した妻は夫ととも
に、個人誌「あまね通信」を創刊。社会にむかって開かれた窓
から〈われらがイノチの営み〉を伝える翼となった通信は、娘
・母・父とで縄なう共棲の歳月を乗せ、《天音の身代わりのよ
うな》一冊になった。「あまね通信」創刊号から60号までのヒ
ロミの文章を収め、表紙のパステル画と本文カットも著者自身
のもの。


*******************************************************
★その3=山口平明著/山口ヒロミ画
不思議の天音-イノチの際でともに棲まう私たちの日々-
ジャパンマシニスト刊・2000年6月・1680円
*******************************************************
 大阪はあのアメリカ村から徒歩5分のビルの谷間に生きた少
女、山口天音。はたして、何を喜び何を苦しんでいるのか、彼
女に関わる人々、医療関係者、そして、両親にも判らない。平
明氏言うところの「なぞなぞ少女」。そんな天音さんのイノチ
を支える父・平明氏が脳梗塞で倒れる! 一家の大ピンチから
はじまる『娘天音 妻ヒロミ』につづく第二弾。これも「草の
根通信」誌に連載。文中のヒロミの銅版画も必見。


*******************************************************
★その4=山口ヒロミ画文集
天amane音
自然食通信社刊・2001年1月・1680円 
*******************************************************
 《ありのままでなんて美しい》 生きるすべてを奪われなが
らも、内側から溢れ出すいのちの輝きに魅せられ、母が描きは
じめた娘の姿態。月刊誌「母の友」に、《天の音、甘やかに》
という題で一九九九年四月から一年間連載されたカラー銅版画
とエッセーを中心に、月刊誌「大阪人」連載のエッセーに書き
下ろしを加え、天音さん亡きあと緊急出版。「天音に出逢った
人は、偲び草としてぜひお手許においてください」と著者。


*******************************************************
★その5=山口ヒロミ/文と銅版画&山口平明/文
イノチの天音-響きあう家族のとき-
ジャパンマシニスト・2001年10月刊・1890円
*******************************************************
 作家・山田太一さんは、読後の思いをこう書いてくれた。
 《若くして亡くなった人のことは、生き残った人が、あの手
この手で憶えていてあげなくては――。天音さんの無言、大き
な瞳、少女の香り、短い生涯が語るものを聞こうとしなくては
――と、シンとした気持になっています。》
 こどものからだ・こころ・いのちを考える健康BOOK「ち
いさい・おおきい・よわい・つよい」誌に天音の最晩年ともな
った五年間の連載を、一周忌にあわせて出版した。カラー表紙
絵と口絵、そして本文十枚のどの銅版画も、天音ちゃんをめぐ
る絵本のよう。「ち・お」読者には今も読み継がれている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2006・12・18◆平明の堂守日記

あわただしい年末の展覧会。
お客さんが来なくてもあたりまえかも。

12/15から開いている【山口ヒロミ銅版画展】は、
お馴染みの平常展だから余計だな。
今年最後のヒロミ展も明日一日となった。

12/22金~26火は【いとうまりこの楽描き展】、
中日12/24に開くギャラリートーク
まりこの「のほほ~ん」トーク★も
クリスマス・イブだからいかがなものか。

個人宛てに
お誘いの手紙とメールを送っても無理かのう。
まあ、やるだけのことはやってみよう。
[PR]
by amanedo_g | 2006-12-18 18:38 | memory平常展示
<< ことし最後の平常展 手先は器用だけど >>