人気ブログランキング |

【11日】オープン迫る

f0040342_20573561.jpg
7/13からの【福間博隆展「ここに」】の会場風景です。時間をひねりだしてでもお越しくださるようお願い申しあげます。絵を見る楽しみと謎解きの悦楽をぜひ。14・15・16の三日間は作家在廊です。質問の矢を放ってください。お待ち申しております。

=次回特別展=
【福間博隆展「ここに」】
2007年7月13日(金)~22日(日)
※水と木休廊
午後2~7時(最終日=正午~5時まで)
※作家在廊日(DMよりも一日増えています)
7月14日(土)・15日(日)・16日(月)・22日(日)

○当ブログのDM画像はコチラ [←クリックしてください]
http://amanedo.exblog.jp/d2007-06-17




◆平明の堂守日記◆2007・7・11

七月はしんどい。僕は十年前の七月に脳梗塞で倒れた。意識はあったものの左半身が不随状態になり、救急車で近くの病院に担ぎこまれた。
心房細動という不整脈に起因する血栓が脳に飛んで脳血管の梗塞を起こしたらしい。右中大脳動脈という首から頭に入るところの太い血管が狭窄を起こしていた。
手術と同じほどの負担がある脳血管撮影(アンギオ)という検査をした結果、右脳の血管がほとんど写っていない状態。それでまあ仕方なく頭の骨に穴を開ける脳外科手術を受けなければならなくなった。
《浅側頭動脈内頸動脈血管吻合術》が手術名。「センソクトウドウミャク・ナイケイドウミャク・ケッカンフンゴウジュツ」、いわゆる脳の血管バイパス手術というやつである。
このあたりのことは画廊日誌に書くべきことではないのであとの経過は省く。ともかく書きたかったのは「七月はちょっとね…」ということである。
妻が教員を辞め収入は(不)自由業の僕だけとなって十六年が経っていた。喰っていくためのカネの工面、そして娘の病気がもたらす緊張などのストレスが不整脈の原因だと思っている。
自分が突然死しなかっただけでも良しとしなけれはならないのかもしれない。手術のあと徐々に回復した僕を見とどけて三年後、娘・天音は先立った。娘の祭壇を設けた画廊にしたのはこのような事情によっている。
f0040342_22235088.jpg

by amanedo_g | 2007-07-11 22:27 | archive 画廊風景
<< 【12日】明日13日から福間博隆展 【10日】ぜひぜひきっときっと >>